Direct Challenge

千年以上の歴史のある日本の判子文化を守り、発展させたい!こんな時代だからこそ私たちの文化を世界に発信!!

今日本ではコロナの影響による行政改革の柱として千年以上続いてきた日本の大切な文化の1つである判子文化を無くすという流れになっています。 長年判子文化が継承されてきた背景を無視し、一部の政治家の私利の為にこの改革が決行され判子文化が消えつつあります。 是非、大切な日本文化の灯を消さないためにも、皆様のお力をお貸しください。宜しくお願い致します。

349,500円 調達
11% 達成 目標額: 3,000,000円
people 35 supporters
watch_later 終了

● はじめまして!

私たち、はんこ屋LOHASは日本の大切な文化である「判子」の制作・販売を行っております。

会社の名前にはLOHASと入っておりますが、私たちが目指す判子は「地球の生態系や環境を守るためのライフスタイル」をテーマに自然環境を意識したECO素材をメインに使用し、植物材や動物材を扱う業者として、間伐材・植林材、廃材、再生樹脂、廃植物繊維、生え換わり時に自然に抜けた角などを使用してつくられた21世紀の新しい材料を使用して判子を作成しており、日本文化の継承だけではなく、地球にも優しい事業を心がけ会社の名前の一部にLOHASと名づけました。

● 印鑑の歴史

印鑑の起源は紀元前7千年以上前のメソポタミア地方まで遡ります。その頃は石や宝石で印鑑は作られ、主に地方の有力者が地位や権力を誇示する為に持っていたと言われています。それから時を経て世界へ広まり、日本へは中国の漢の皇帝より「漢倭奴国王」と記された金印が贈呈されたことが初めてとされています。

日本でも最初は政府の役人や地方の統治者の公印として使われ、平安時代からは庶民でも個人を証明するものとして徐々に広まり出し印鑑を押す習慣が定着しました。

明治時代に入り法律の制定などにより「印鑑登録」の原型ができたことで、字が書けない国民もこれで本人を証明できるものとして普及しました。

中国や台湾でも印鑑は使用されていますが、現在まで生活や文化に印鑑が多種多様に浸透したのは日本が唯一となっています。

私たちが、販売している判子は自分の身分証明書代わりの判子は勿論ですが、色々な方々にその良さを実感して頂けるように、全く新しいデザインの判子等を作成しており、【お友達へのプレゼント】【お祝い】【日本の旅行土産】などでお買い求め頂けるような判子の制作も行っております。

例えば、外国の方に日本の良さをお伝えするツールとして、判子に日本の風景などを彫刻した判子等!

英語表記での作成は勿論ですが、日本の漢字やカタカナ・ひらがなに変換して作成して欲しいというご要望にもお応えしております!

 

● 判子の実例

例① Olivia(アルファベット)/織美阿(漢字)/オリビア(カタカナ)/おりびあ(ひらがな)

 

例② Noah(アルファベット)/野亜(漢字)/ノア(カタカナ)/のあ(ひらがな)

 

~その他の例~

  • Michael(アルファベット)⇒【漢字】舞氣溜【カタカナ】マイケル【ひらがな】まいける
  • Harison(アルファベット)⇒【漢字】有尊 【カタカナ】アリソン【ひらがな】ありそん
  • Jimmy(アルファベット)  ⇒【漢字】慈未唯【カタカナ】ジミー   【ひらがな】じみー
  • Chris(アルファベット)    ⇒【漢字】玖利栖【カタカナ】クリス   【ひらがな】くりす
  • Brown(アルファベット)  ⇒【漢字】武羅運【カタカナ】ブラウン【ひらがな】ぶらうん

漢字は一文字一文字、それぞれ意味を持ってできております。
今回使用させて頂く漢字に関してはプラスの意味やイメージを持つものを使用いたします。
※使用する文字に関してはこちらで決めさせて頂きますのでご了承ください。

〈例〉舞氣溜の漢字の意味

 舞⇒Round 氣⇒Power 溜⇒charge  ≪気を溜め、周りの人にも分け与える≫

判子は開運という一面も持っており、古くから判子に祈りを込めて作成し、親から子に成人のお祝いにプレゼントをする文化がまだ日本には残っています。

是非、皆様も開運判子をGETして下さい!!

 

ちなみにはんこ屋LOHASが独占で販売しているYOGA判子をご覧下さい!
【文字の一部にYOGAのポーズが入っていますよ!探してね】

● 特典

今回プロジェクトにご参加いただきました皆様には、判子専用ケースと、捺印用の朱肉をプレゼントいたします。

①判子ケース(朱竹の和柄入り)

朱竹とは、あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、日本では古くから幸せを招く柄と言われています。「子孫繁栄」「立身出世」「家業繁盛」が叶うという伝承があります。

②朱肉(判子を捺す際に使用するインク)

● 最後に

私たちは単純に良いものを文化として残したい、残さなければいけないという純粋な思いから、日本の方だけではなく世界中の皆様に「判子」の良さを実感して頂きたいという思いでこちらのプロジェクトに参加させて頂きました。

世界中がコロナウィルスの感染拡大などで大変な時期だからこそ、少しでも日本を感じてもらえる物をお届け出来ればと思っております。

 

 


商品一覧

特定商取引法に基づく表示

■ 販売業者
合同会社ナンディ

■ 所在地
〒183-0022
東京都府中市宮西町3-13-2 HanaVilla 101

■ 連絡先
電話:042-319-8534
メール:info@hankoyalohas.com

■ 販売責任者
宮﨑 礼二

■ 販売価格
各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

■ 商品代金以外に必要な料金
なし

■ お支払い方法
クレジットカードによりお支払いいただけます。

■ お支払い時期
商品購入時に決済します。

■ 商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

■ キャンセルの可否と条件
キャンセルはできません。
決済完了後の返金は一切できません。