Success
Direct Challenge

コロナ禍と豪雨災害を乗り越え、旅館山城屋「大女将秘伝の味噌」を世界へ届けたい!

大分県の旅館「山城屋」はコロナ禍と豪雨災害の影響で宿泊客が激減する中、旅館存続を賭けた新たな事業として「大女将秘伝の味噌」を商品化しました。伝統的な「日本の旅館の味」を世界へ届ける挑戦に是非応援をお願いします!

734,000円 調達
244% 達成 目標額: 300,000円
people 128 supporters
watch_later 終了

■目標金額到達のお礼と引き続きのご支援のお願いについて

ご支援いただいたみなさま、ありがとうございます。

おかげさまで、開始後18日目で目標金額の30万円に到達いたしました!

国内外から幅広いみなさまのご支援をいただき、達成できましたことを、この場をお借りしてご報告申し上げ、心からの御礼をお伝えします。

みなさま、本当にありがとうございます!

 

さて、目標金額には到達いたしましたが、さらなるご支援により、 より多くの国々へ向けた販売展開を目指したいと思っています。

リワードの在庫も追加しましたので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

はじめまして!

大分県湯平温泉の小さな家族経営の旅館「山城屋」です。

当館は15年程前からインバウンドに力を入れ、最盛期には外国人客が8割、連日満室状態が続く程までに沢山のお客様に支えられ、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「日本の旅館部門2017」で全国第3位のご評価までいただきました。

海外の旅行雑誌等にもお取り上げいただき、韓国・香港・台湾・タイなど多くの国のお客様にご利用いただきました。

しかしながら、昨年から世界中で猛威を振るっているコロナウイルスと、昨年7月7日の豪雨災害による影響で宿泊客が激減し、売上は最盛期の約1割までに落ち込みました。このままでは旅館としての存続が困難となりましたので、現在は日帰りの立ち寄り湯とランチによる収入で何とか経営を維持している状況です。

「大女将秘伝の味噌」とは?

かつて、沢山のお客様で賑わっていた頃、当館の夕食のお料理の中での一番人気が「茄子の味噌田楽」でした。

そして、このお料理に欠かせないのが手作りの「田楽みそ」。当館の女将の母である「大女将」の後藤幸子(80歳)が50年来にわたって作り続けた「秘伝の味噌」は、白みそに日本酒・砂糖・みりんなどを独自の配分で加え、ゆっくり時間をかけて加熱して出来上がります。

私たちは、この味噌が旅館の「宝」であることに気づき、「大女将秘伝の味」をレシピ通り忠実に再現して商品化することにしました。

そして、世界中で旅行者の移動が困難な時代、この「大女将秘伝の味噌」を海外へ届けることによって、外国の方にも「日本の旅館の味」を楽しんでいただき、来るべきインバウンド回復期には是非再び日本を、そして「山城屋」を訪れて欲しいという願いがあります。

「大女将のオススメお料理」YouTubeチャンネルでは、「大女将秘伝の味噌」を使って簡単に作れるレシピを紹介しています!

「大女将秘伝の味噌」の種類は「3種類」

一般的にお味噌は「味噌汁」の材料として知られていますが、実は「調味料」として様々なお料理にご活用いただけます。


当館の「大女将秘伝の味噌」は「田楽みそ」のほか、「にんにくみそ」「からし酢みそ」の計3種類があります。

肉料理、魚料理、天ぷら、豆腐などの和食から、パスタなどの洋食まで、工夫次第であらゆるお料理にご活用いただけます。


まさに「万能調味料」とも言える逸品です。

濃厚で甘みのある「田楽みそ」

旅館山城屋の夕食の定番メニュー「茄子の味噌田楽」の甘味噌は人気の一品。お客様より「是非わけて欲しい」というお声に応えて商品化しました。その他にも「厚揚げ豆腐」や「天ぷら」にも最適です。

いりことニンニクの入った「にんにくみそ」

シンプルなお料理からお肉・お魚にも相性ピッタリ!パスタと和えればペペロンチーノ風、お湯に溶かせば麺にもピッタリの簡単つけダレとしてお楽しみいただけます。

甘酸っぱくてちょうどいい辛さがおいしい「からし酢みそ」

タコやイカ、白身魚などの定番和食もピタッと味が決まりワンランク上のお料理に!野菜スティックのお供にも最適です。

日本の伝統的な旅館の味を世界へ届けたい

当館の大女将が50年来にわたって作り続けたお料理は、国内外を問わず多くのお客様に喜んで召し上がっていただきました。この「秘伝の味」の味噌を世界へお届けすることによって、いずれコロナウイルスが終息した際には再び沢山のインバウンドの方々にお越しいただけることと固く信じています。

食品を海外へ販売展開するためのハードル

しかしながら、当館のように小ロットで製造販売している食品を海外で販売展開するためには、いくつかの越えなければならないハードルがあります。


1.海外輸出に伴う検査・証明書の作成及び手続き諸費用の捻出

2.海外バイヤーへ向けてのプロモーション活動(動画制作・翻訳等)

3.海外向け商品のリサーチや新パッケージの製作

4.知的財産権などの法的準備 

などです。

これらのハードルがあるために、小規模事業者がなかなか一歩を踏み出せないことは事実ですが、私たちはこの困難な時代を乗り越えるために敢えて挑戦いたします!

今回のプロジェクトでご支援いただいた資金は、上記のハードルをクリアーするための費用の一部に充当させていただきます。

大女将が50年来守り続けてきた「日本の旅館の味」を世界へ届ける挑戦に是非応援をお願いします!

 


 


商品一覧

特定商取引法に基づく表示

■ 販売業者
有限会社 山城屋

■ 所在地
大分県由布市湯布院町湯平309-1

■ 連絡先
電話:0977-86-2462
メール:yamashiroya310@gmail.com

■ 販売責任者
二宮 謙児

■ 販売価格
各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

■ 商品代金以外に必要な料金
なし

■ お支払い方法
クレジットカードによりお支払いいただけます。

■ お支払い時期
商品購入時に決済します。

■ 商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

■ キャンセルの可否と条件
キャンセルはできません。
決済完了後の返金は一切できません。